扶桑建設 桑 和 会

ご紹介

扶桑建設桑和会は、会社創立から遅れること1年半、昭和33年(1958年)8月に設立されました。その目的は、協力会社相互の協力を図り親睦を深めること、建設請負事業の特性を認識し無事故を第一として、技術の向上と工期の厳守・短縮、工費の軽減を行うことであり、会として扶桑建設と共存共栄することを目指しています。


桑和会は、工事に関わるすべての災害を未然に防ぐことを主眼として「扶桑建設災害防止協議会」を設置しています。会員および作業員を含むすべての関係者が、「安全第一」をモットーに工事を進める事が出来る環境作りをしております。

 

会員のみなさまの不断の努力により、会社を維持できているということは、ひとえに桑和会のご協力の賜物であると存じます。

 

○会員会社

関新建設株式会社、株式会社藤井製作所、株式会社アーバン黒岡工業、株式会社東京黒板製作所、有限会社大森技建、佐藤電設株式会社、株式会社石井設備、株式会社櫟工業、有限会社市村興業、茨城銘石工業株式会社、インテック株式会社、株式会社小黒組、加藤総建株式会社、有限会社木口建材、有限会社建友、株式会社河野塗装店、株式会社コーネックス、有限会社小林商店、有限会社最首板金工業所、三英オフィスサービス株式会社、有限会社サンケン配送サービス、株式会社ジェイテック、有限会社上越建設、株式会社菅原工業所、有限会社正伸工業、善進工建株式会社、株式会社ソービメンテナンス、有限会社大恵工業、有限会社高尾工業、有限会社竹島内装、株式会社ティックインテリア、長江建材工業株式会社、日建リース工業株式会社、有限会社長谷スレート工業、文化シヤッター株式会社板橋営業所、有限会社丸芳左官工業、株式会社ミツガシ防水、有限会社室田タイル工業、株式会社宮城仮設、有限会社明星工業、株式会社ヤマプラス、株式会社ユタカ、株式会社伊藤ガラス、有限会社エイデン、株式会社GAKU美工舎、株式会社キャスト・C、誠広建機株式会社、株式会社干場
(順不同)

 


 

 

↑このページのトップへ